愛玩動物による新たな外来種の侵入・拡散防止対策の検討経緯

 平成23年6月の世界遺産委員会において、小笠原諸島が世界自然遺産として新たに登録され、決議事項として「侵略的外来種対策の継続」が要請されました。この決議を受け、小笠原の遺産管理に関する事項を科学的な観点から検討する「科学委員会」の下部に、「新たな外来種の侵入・拡散防止に関するワーキンググループ」を設け、平成28年3月に「新たな外来種の侵入・拡散防止に関する検討の成果と今後の課題整理理」が取りまとめられました。その中で解決すべき短期的課題の1つとして、「新たな外来種となり得るイヌ、ネコ以外の愛玩動物への対応」を検討する必要性が示されました。
 このような課題整理の検討過程において、小笠原の遺産管理に関する事項を地域課題の観点から検討する「地域連絡会議」の下部に「愛玩動物による新たな外来種の侵入・拡散防止に関する地域課題ワーキンググループ(以下、愛玩動物WG)」を設け、小笠原に相応しい愛玩動物の適正な飼養のあり方、共生の姿を議論し、必要な制度設計の提案が行われました。愛玩動物WGは、平成27年10月から令和2年1月にかけて検討が行われ、科学委員会や地域連絡会議において、制度骨子を含めた検討結果が報告されました。

小笠原のペットに関するアンケート(平成30年度)

 この条例づくりを進めるうえで、村内のペット飼養状況を把握し、条例検討に反映するため、平成30年度に「小笠原のペットに関するアンケート」を実施しました。

調査概要

対象者
小笠原村の全世帯
配布数
1,530世帯
方 法
各戸配布、訪問回収または村役場・母島支所に回収箱設置
期 間
平成30年9月20日~10月19日
回収数
437
回答率
28.6%

調査結果

ペット条例の検討経緯

 全国初の飼いネコ適正飼養条例による集落のネコ対策や山域でのネコ対策は、先進的な成果をあげています。それらの経験を活かし、地域連絡会議の制度骨子の提案を踏まえ、イヌ・ネコ含めた愛玩動物等の新しい条例づくりを進めました。
 村民向けシンポジウムの開催(平成29年、令和元年)のほか、村民だよりや自然情報センターだよりを通じて愛玩動物WGでの検討結果や制度案の概要について、村民向けに周知を図ってきました。また、平成31年2月と令和元年8月に父島、母島で住民説明会・懇談会を開催し、条例案を説明しました。

住民意見募集

 これまで検討を続けてきた「小笠原村愛玩動物の適正な飼養及び管理に関する条例(以下、ペット条例)」が令和2年1月に素案としてまとまり、1月20日(月)から2月10日(月)まで村民意見を募集しました。
 村民意見募集では、5名の方に意見を提出いただき、延べ22件の意見をお寄せいただきました。

 詳しくは、「ペット条例の公表及び意見募集結果」をご覧ください

住民説明会

 意見募集後には、2月中旬に母島、父島で住民説明会を行いました。

 住民説明会では、母島にて8名、父島にて20名の方に参加いただきました。主なご意見・ご質問として、「島内で鳥が逃げ出したことがあるため、鳥の個体識別の義務付けを先行してほしい。」、「条例の広報をしっかりやってほしい。」などといったご意見のほか、「持込申告・制限の開始時期や受付体制」、「産業動物とペットの区別」、「登録の対象となる動物」、「魚類などの小さなペットの登録方法」、「飼い主の会の充実化」、「条例の解釈・運用」などに関するご質問をいただきました。
 これまでにいただいた皆さまのご意見や説明会・意見募集等の結果を踏まえて内容を精査したペット条例案を、令和2年3月の議会に上程しました。その結果、議会において承認され、ペット条例が制定されました。
 ペット条例は令和3年度に一部施行予定です。同2年度は、施行に向けた準備としてペットの登録申請及び同条例の村内外への周知を進めてまいります。

ペット条例の内容

  • ペット登録制等の導入:犬猫含めた全ての愛玩動物が30日を超えて飼養される場合は、”登録”と”飼養状況報告”を義務化
  • ペットの適正飼養の一部義務化:環境衛生の保持、終生飼養、個体識別、繁殖制限、飼養数制限
  • ペットの遺棄の禁止と逸走の防止
  • 動物の持込み申告:村内で飼養する予定の全ての動物について、村内への持込みの申告制を導入(竹芝での体制等を検討後、段階的に施行予定)
  • ペットの持込み制限:村内に持ち込んでよいペットを限定(犬猫以外の持込み可能種の選定・基準等を検討後、「登録」、「持込み申告」の施行を経て段階的に施行予定)
Copyright © Ogasawara Village Office. All rights reserved.
トップページへ戻る