分別されていないごみは回収できませんので、正しく分別してから出してください。
出し方 対象物(例)
焼却ごみ
  • 透明・半透明の、中の見える袋に入れて出してください。(それ以外の袋や箱で出さないでください)
  • 生ごみ類は十分に水切りしてください。
  • 新聞、雑誌は束ねて、ダンボール箱は潰してから束ねて出してください。
  • 雨の日は段ボールや雑誌を出さないようにしてください
  • ごみは片手で運べる大きさ・重さで出してください。
  • 袋に入れて出すもの 生ごみ、紙くず、衣類、紙おむつ(汚物は取り除く)、発泡スチロール、プラスチック、ビニール製品、ゴム類、革製品、貝殻、食料油(紙や布に染み込ませるか、凝固剤で固める)、ペットボトルのキャップ
  • 束ねて出すもの 新聞、雑誌、ダンボール
生ごみ ※母島のみ
  • 生ごみは、水分を十分に切ってください。
  • 食品以外のものは、絶対に入れないでください。
  • 配布したポリバケツに直接生ごみを入れてください。 ※ビニール袋などをポリバケツに入れないでください
  • 回収日にごみステーションのポリバケツに入れてください。
  • 生ごみは、ごみステーションで散らかさないようにしてください。
  • 生ごみとして出すもの 野菜、果物、米、パン、魚介類、肉類、魚の骨、エビ、カニ、豚牛等獣の骨、鳥の骨、お茶葉、汁物の具、食品に付着した調味料や油
  • 生ごみとして出せないもの 吸殻、ティーバッグ・油脂、調味料(食用油、醤油、ソース等・汁物、液体(味噌汁等の水分、酒類、ジュース、貝殻、卵の殻等)
金属類 ※飲料缶は回収日が違います。 乾電池や蛍光灯も違います。
  • 緑色のカゴに袋から出して入れてください。
  • 金属製でない部分はできるだけ分別してください。
  • 缶詰の缶等は、汚れを落としてください。
  • スプレー缶は、中身を空にしてから穴を開けて出してください。
  • カゴがいっぱいのときは、カゴの横においてください。 ※風などで飛ばないようにしてください。
  • カゴに入る程度の大きさの金属、金属製の調理器具、ステンレス製の食器、缶詰やお菓子の缶、スプレー缶(必ず穴を開ける)、一斗缶、金属製キャップ、アルミホイル、傘、家庭用掃除機、小型家電品(電池を外す)
飲料缶
  • 黄色のカゴに袋から出して入れてください。
  • 缶の中に吸殻等のごみを入れないでください。
  • 軽くゆすいで潰さずに出してください。
  • スクリューボトル缶は、キャップを付けたまま出してください。
  • 飲料缶のみ ※その他の缶(食料品の入っていた缶等)は金属の回収日に緑色のカゴに入れてください。
ビン・ペットボトル
  • 青色のカゴに袋から出して入れてください。
  • ビン・ペットボトルはキャップを外し、軽く洗ってから出してください。
  • ペットボトルはラベルを付けたまま潰してから出してください。
  • 割れたガラスや陶器は危ないので、中の見える袋に入れてください。
  • ビン(キャップを外す)、ペットボトル(キャップを外し、ラベルを付けたまま潰す)、板ガラス、ガラス製コップ、陶器類、素焼の植木鉢
有害物・危険物 ※乾電池や蛍光灯の回収日
  • 赤色のカゴに袋から出して入れてください。
  • 刃物等の危険物は、紙等に包んで出してください。
  • 蛍光灯は新しい蛍光灯のケースに入れて出してください。 (割れている場合は、危ないので中の見える袋に入れてください。)
  • 乾電池、電球、蛍光灯、体温計、温度計、バッテリー(電動自動車の)、刃物 等
粗大ごみ ※ゴミ袋に入らない程度の大きなごみ
  • 大型のごみだけが対象です ※なんでも出せる日ではありません
  • 布団やカーペットはヒモ等でまとめてから出してください。
  • カゴに入る程度の大きさの家具、家電は、金属や焼却ごみとして出せる可能性があります。担当部署までお問い合わせください。
  • タンス、食器棚、布団、自転車、ベッド、家具などの大型ごみ 【対象外】 バイク、古タイヤ、家電リサイクル対象品 等
地区によって収集日が異なります。利用する地域の分別表・収集曜日表を村役場建設水道課・母島支所でお配りしていますのでご確認ください。
Copyright © Ogasawara Village Office. All rights reserved.
トップページへ戻る