当時の様子

大正・昭和

昭和初期の農家   昭和10年当時の大村のメインストリート   大正15年頃サンゴブームが起こり、サンゴ成金が出現した
昭和初期の農家
(かぼちゃなどの収穫)
昭和10年当時の
大村のメインストリート
大正15年頃サンゴブームが起こり、サンゴ成金が出現した
     
昭和初期の母島北村集落      
昭和初期の母島北村集落

占領下・返還

米軍占領下のラドフォード提督初等学校での授業風景    返還当時の父村大村地区メインストリート    昭和43年6月26日小笠原諸島返還式典
米軍占領下のラドフォード提督
初等学校での授業風景
返還当時の父島大村地区
メインストリート
昭和43年6月26日米軍司令部前の広場で小笠原諸島返還式典が行われた

現在

現在の母島元地集落風景    遺骨収集の様子    現在の硫黄島  
現在の母島元地集落風景 遺骨収集の様子。現在も硫黄島には未だ、12,000柱の英霊が眠っており、一日も早い収集の完了が待たれている 現在の硫黄島  

小笠原村平和都市宣言

平和で豊かな自然の中で暮らす我々小笠原村民は、世界中の人々が平和を分かちあえることを願う。
この願いは、小笠原の生い立ちが物語っている。
我々の先人が築いた文化を、歴史的に分断した強制疎開。
今なお一般住民の帰島が許されず、遺骨収集もままならぬ玉砕の地硫黄島。
このような地小笠原に生きる者として、戦後五十年を迎えるにあたり、不戦と恒久平和を誓い、
豊かな自然を後世に残すために、小笠原村が平和都市であり、また、その使命を全うすることを宣言する。