【戸籍】郵送請求そのほか

郵送による戸籍謄抄本等の請求方法について

小笠原村では村外にお住まいの皆様の戸籍謄抄本などの証明書交付は郵送による手続きをお願いしております。

郵送で請求をなさいます際は、郵送請求書、手数料、返信封筒、本人確認書類等をお送りいただき、折り返し同封の返信封筒にてお送りいたします。

なお、郵送請求の処理は父島の小笠原村役場本庁にて一括して取り扱います。母島支所並びに本土にある関係機関では受け付けておりません。

詳しくはこちらのリンクをご覧いただき、漏れや不備がないようにご確認ください。
戸籍郵送請求案内戸籍郵送請求案内


※ご家族、ご親戚がお亡くなりになり、金融機関提出や相続手続きで戸籍証明書をお使いになる方は、こちらをご覧ください。
相続用郵送請求案内相続用郵送請求案内

また、小笠原村は本土からの郵便がおおよそ週に一往復の定期船によるため、ご請求からお手元に届くまで2~3週間の日数を要します。日数に余裕をもちましての手続きをお願い致します。

お願い

・本土にお住まいの方が、転籍や分籍、婚姻などのお届けにより、新たに当村管内へ戸籍を置くことはお勧めしておりません。
上記郵送等の理由により、以降全ての手続きに多大な日数を要し、大変な不便とご負担をおかけすることになるからです。
了承のうえ手続きをお願いします。

・現金封筒以外での現金の送付、信書の引受けが不可能な「宅配便」での請求と返信封筒のご用意はおやめください。

・定期船が週末に父島着、週明けに父島発となる便が多く設定されております。このような便や父島入港中に休業日を挟む便で到着した郵送請求は、郵便の配達や事務の都合上、折り返しの東京行で発送することが出来ません。予めご了承ください。

東京~父島間の唯一の交通手段であります「定期船」は整備と検査(ドック入り)のため、平成30年1月19日東京発から2月7日東京発までの間、運航がありません。

・この期間にご請求いただく郵送請求は、証明書がお手元に届くまで、通常よりも多くの日数を要しますのでご了承ください。

・2月7日東京発の定期船で到着した郵送請求は、処理の都合上折返し10日発の東京行での発送が出来ません。
 (発送の用意が完了した郵送請求より投函致しますが翌2月17日の東京行郵便に載る予定です)

手数をおかけしますが、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。