天然記念物:自然

小笠原諸島の野生生物には学術上貴重なものが多く、個体数が少ないなど保護が必要とされる多数の動植物が天然記念物や絶滅危惧種に指定されています。なかでも世界中で母島にしか棲息していない「ハハジマメグロ」は特別天然記念物に指定されています。
また、南硫黄島は全島が天然記念物としての指定を受けており、昭和50年には全国で5箇所しかない「原生自然環境保全地域」に指定されています。
特別天然記念物ハハジマメグロ
特別天然記念物ハハジマメグロ
  アカガシラカラスバト
アカガシラカラスバト
     
オガサワラノスリ
オガサワラノスリ
   ワンポイントレクチャー
オカヤドカリ山に棲息する
オカヤドカリ

天然記念物のオカヤドカリはヤドカリのくせに野や山を歩き回る変わり者。 産卵のときには山を下り海へ入ります。