社会教育

1.小笠原の文化の振興と村民総スポーツの推進

村民がより豊かな日常生活を営めるよう、多様な芸術、文化活動を支援し、小笠原文化の創造に努めるとともに、貴重な文化財の保護・継承に努めます。 また、「村民1人1スポーツ」を目標に、すべての村民が生涯を通して年齢や体力に応じた活動を楽しむことができるよう、スポーツの機会の提供に努めます。

2.現在行われている諸活動

(1)文科系サークル
・南洋踊り保存会 ・和太鼓クラブ ・小笠原太鼓研究会 ・小笠原太鼓保存会 などのサークルが活動しています。

(2)スポーツ系クラブ
・野球 ・サッカー ・バレーボール ・バスケットボール ・ゲートボール ・柔剣道 ・水上競技・バトミントン などのクラブが活動しています。

これら文化、スポーツ関係の活動は、父島・母島の人々の交流の場となっています。特に、年1回の父島と母島のスポーツ交流は会場を父島・母島1年ごとに変えて行われ、村民挙げての一大イベントになっています