世界自然遺産小笠原諸島 登録5周年記念イベントの開催報告

 小笠原諸島が世界自然遺産に登録されて、629日で丸5年が経ちました。
 626日には、新宿の東京都庁で登録5周年記念イベントが開催されました。

第1部:シンポジウム「世界自然遺産小笠原の価値と保全の努力

 1部のシンポジウムは「世界自然遺産小笠原の価値と保全の努力」と題して、
 
・映像によるアホウドリの繁殖状況や西之島の噴火の経過についての最新の情報
 
・固有カタツムリの現状と保全対策の現状
 
・希少種を守るための行政や地域が連携したノネコ対策の成果
 
などが紹介されました。
 
また、世界自然遺産地域における観光・利用に関するプレゼンテーションも行われました。会場は、熱心に聞き入る聴衆で埋まり、大変盛況でした。

IMG_3131.jpgIMG_31282.jpg 

第2部:テーマセッション「日本の世界自然遺産地域の連携」

第2部の「日本の世界自然遺産地域の連携:関係町村ネットワークづくりに向けて」と題したテーマセッションでは、小笠原だけではなく、国内の他の3つの世界自然遺産地域から、7つの関係町村の町村長が集まり、各地域の自然や価値・魅力が紹介されました。さらに、世界自然遺産という人類共通の財産を守っていくことの重要性を確認し、課題や悩みについても共有されました。
 そして、継続的に情報交換し、共通の取組を進めていくために、「世界自然遺産地域ネットワーク協議会」を立ち上げ、今後も関係町村の連携を深めていくことが宣言されました。関係町村の方々も今後の連携に大いに期待を寄せています。

→詳しくは、こちら

 小笠原の5周年を機に、こうした取り組みがスタートすることは大変喜ばしく、意義深いことだと思います。

3132.jpg