南硫黄島:硫黄島

概要

南硫黄島南硫黄島は、東京の南方約1,300km(北緯24度14分、東経141度28分)に位置 し、面積3.5平方km、周囲7.5km、標高916mの円錐形 の火山島で、周囲は険しい絶壁を形成し島には淡水が無く定住者もいなかった。南硫黄島の標高は、都内島しょ部で最高峰となっている。【大島三原山 764m、三宅島雄山814m、八丈島八丈富士854m、父島中央山318m、母島乳房山463m】 南硫黄島の北東約5kmには海底火山があり、これまで何度か新島を形成する噴火が記録されている。

1889年(明治22年)、南硫黄島の海岸において漂着者3名が発見されて生還したため、1895年(明治28年)より硫黄島へ来航する定期船は、年に 一航海だけ南硫黄島まで延航し、島の周囲を回って漂着者の在島の有無を確認するようになった。島は、全く人為の影響を受けていないとい言ってよく、自然植 生などは保持され、海鳥の繁殖地ともなっている。

1972年(昭和47年)全島が天然記念物に指定され、1975年(昭和50年)全島が原生自然環境保全地域に指定された。