写真:硫黄島

硫黄島島民記念墓地公園

硫黄島島民祈念墓地公園平成2年、小笠原村により設置。太平洋戦争の激化により、昭和19年に島民の集団疎開が行われたが島民のなかでも壮健な若者は軍属として徴用され、82名の島民が軍と運命を共にした。

本公園は、戦前の島民墓地の敷地に設置されており、82名の霊を慰めるとともに、墓参時に旧島民の祖先をお祀りするための祀り所となっている。島民墓地には、278名が埋葬されている。

小笠原村硫黄島平和祈念会館

小笠原村硫黄島平和祈念会館平成14年、小笠原村により建設。
旧島民の帰島のかなわない硫黄島において、墓参や遺骨収集など年に数回島を訪れた際に、短い時間でも故郷の島に滞在し、宿泊できる施設として建設した。
   敷地面積   1,000m2
   延床面積    535m2
   構   造   RC造平屋建て

日本軍戦没将兵慰霊碑

日本戦没将兵慰霊碑昭和46年、国(厚生省)により、日本軍戦没将兵のための慰霊碑として建立。
海軍北地区の指揮所であり、最後の拠点として組織的戦闘が行われた天山壕の上に造られており、天山慰霊碑とも呼ばれている。また慰霊碑の側に納骨堂が建 立されており、新たに発見されたご遺骨は本土の千鳥ヶ淵に納められるまで、一時的にここに安置される。

摺鉢山

擂鉢山別名、パイプ山。標高169mで硫黄島の最高峰。
摺鉢状の噴火口があるが、戦中に受けた米軍の艦砲射撃や侵食により、海側が崩れてきている。
山頂には『日本戦没者顕彰碑』『特攻隊慰霊碑』『海兵隊上陸記念碑』が設置されている。

硫黄が丘

硫黄が丘島内でも最も硫黄が露出している地域である。
戦前は、硫黄島産業が硫黄の採集と蒸気熱を利用して、レモングラスから香料の原料を蒸留していた。
戦中は、海軍によって烹炊施設として利用された。

壁画

壁画米従軍カメラマン、ジョー・ローゼンタールが撮影した『摺鉢山に星条旗を揚げる6人の兵士像』という写真を土丹岩に彫り込んだもの。
同写真は、1945年のピュリッツアー賞を受賞している。
最初は、5人の像が彫られていたが、うち一人がアルコール中毒症となったため、後になって削り取られたと言われている。

水平砲

水平砲海軍の14糎砲で、重巡洋艦の副砲と同型。
米軍の上陸作戦開始前、掃海作業をしている米艦艇に向けて発砲し、隠密にされていた擂鉢山の砲群が破壊された。そのため『勇み足砲台』と呼ばれている。
この砲は、平成4年の遺骨収集時に発掘された。