概要:硫黄島

位置・気候

硫黄島地図火山列島(硫黄列島)は、北硫黄島、硫黄島、南硫黄島の南北に連なる3島から構成され、北緯24度10~30分の間にあります。
火山列島の中心に位置する硫黄島は、東京から南へ約1,250km、父島から南へ約280kmに位置(北緯24度47分、東経141度19分)し、晴れた日には硫黄島から南、北硫黄島を遠望することができます。
硫黄島は緯度的には、台湾北部より若干南に位置し、気温は海流の関係でほぼ同緯度にある台北市よりも高く、亜熱帯海洋性気候となっています。
年平均気温は24度で、一日の気温差は大きい時で6~7度です。最高気温は、40度近い日もあり、6月中旬~10月上旬までは30度を越える日が多く、一年中で一番寒い月とされている2月でも12度位です。
降水量は、夏期は短時間で多量の降水量があるスコールが多く、冬期は夏期に比べて少なく、6~11月(6ヶ月間)の降水量は、12~翌年5月の降水量の約2倍程度です。年間降水量は、平均値で約1,200mmで東京の降水量をやや下回っています。
戦前は、各家庭に設けた「天水槽」に雨水を貯え飲料水として使っていたそうです。
冬は、北東から北西の風が吹き、春から夏にかけては東から南の風が吹きます。年間を通じた平均風速は6m/秒程度です。例年、硫黄島周辺(300海里以内)を通過する台風は年間5~10個程度で、東又は南東から接近し西に抜けるのが通例です。

地形・地質

硫黄島全体火山列島は富士火山帯上に位置している。南・北硫黄島には噴火の記録は見られないが、硫黄島は発見以来、火山活動 が継続し、明治時代における最初の入植目的の一つが鉱産資源「硫黄」の採掘であった。昭和61年1月19日、南硫黄島北東沖で海底火山の噴火が起こり新島 が誕生したが、その後の波浪により消滅するなど、富士火山帯上では海底火山活動が続いている。
硫黄島は北東部の元山と南西部の摺鉢山の二つの火山を、発達した海岸砂丘の千鳥ヶ原がつないだ地形で、面積は約22平方km、東京都北区とほぼ同じであ る。形状は摺鉢山を要として北東に広がる扇形の地形で、島の周囲は約22km、北東~南西の長さが約8.3km、最も狭い千鳥ヶ浜南部
において約800mとなっている。周囲の海岸には、数ヶ所に天然温泉がある。
硫黄島の海岸
硫黄島では、現在でも年に10~30cmという活発な隆起活動が続いており、島の周囲には海岸段丘が発達している。
戦前東京からの定期船は硫黄島と釜岩の間に錨泊したというが、返還頃から釜岩は砂州で本島と繋がり、その一部となっている。また、終戦後に米軍が港湾整備のために設置したコンクリート船には、完全に陸に取り込まれてしまっている船がある。
北東部の台地の標高は約110mで中央部を元山といい、付近には硫黄ガスの噴火口があり、戦前にはレモングラスオイルの抽出に活用された。
戦前、住民の大部分はこの元山及び、その台地の周辺に居住した。
南西部の摺鉢山は標高169mの火山で、頂上には噴火口がある。摺鉢山は良好な眺望を有し、南海岸、千鳥ヶ原、元山方面、また南硫黄島や北硫黄島が遠望できる。
元山の台地は土丹岩(ドタンガン)と呼ばれる凝灰岩から出来ている。土丹岩はノコギリで簡単に切り出すことができ、カンナもかかるほど柔らかく、耐火性もあることからカマドや煙突などに加工されたという、貴重な現地調達石材であった。

動・植物

タマナ硫黄島は新しい火山島であるため、小笠原諸島と比較して固有種の数は少ない。
哺乳類では天然記念物のオガサワラオオコウモリが生息している。
植物ではタマナやタコノキの群落があったと伝えられ、特にタコノキの葉「タコッパ」は建物の屋根葺きの材料として、ごく普通に使用されていたという。

硫黄島島民平和記念墓地公園

硫黄島村民平和祈念墓地公園硫黄島は、かつては南国の恩恵を存分に享受し、豊かで平和な地であったが、第二次世界大戦の激化とともに本土防衛の最前基地となり、住民は本土への強制疎開を余儀なくされ、父租の地は戦場と化し、多くの貴い命が失われた。
戦争によって荒廃した硫黄島は、その後米軍施設の建設もあり、以前の姿を全くとどめない状態に変貌してまい、戦前の島民墓地と推定される土地からも、遺骨の一片すら発見できない状況である。
昭和43年6月、小笠原諸島全域の日本返還後も、硫黄島については、島民の帰島の夢が叶わぬまま現在に至っている。
このような状況にある硫黄島旧島民の心情に報いるため、小笠原村では関係機関の支援を受け、かっての島民墓地跡に「硫黄島島民平和祈念墓地公園」を建設 した。本施設は、第二次世界大戦の激戦地において平和を願うシンボルであり、また、旧島民にとって墳墓の地につながる記念碑であり、硫黄島に訪れた際の休 憩所、やすらぎの場でもある。

1990年(平成2年)11月9日硫黄島島民平和祈念墓地公園の竣工式典が挙行される。
1991年(平成3年)3月  硫黄島開拓之碑(小笠原村)及び硫黄島旧島民戦没者の碑(旧島民有志)建立される。
1996年(平成8年)6月21日行幸啓記念碑除幕式が挙行される。

なお、硫黄島島民平和祈念墓地公園は、年6回、小笠原村から委託を受けた硫黄島旧島民により維持管理されている。

硫黄島訪島事業

硫黄島訪島事業東京都では、硫黄島旧島民の心情に報いる措置として、年2回(春・秋彼岸)、航空機を利用した日帰りによる墓参を 実施している。しかしながら、限られた時間の中で島内を巡るため、出身集落への里帰りや、当時、軍族として残され亡くなった島民の所属部隊への墓参もまま ならない中で、慌しく故郷の島を後にせざるを得ない状況となっている。
そこで、小笠原村では、ゆとりある墓参や里帰りを熱望する旧島民の心情を察し、定期船「おがさわら丸」による硫黄島訪島事業を、平成9年度より年1回 (6月)実施している。訪島にあたっては、硫黄島旧島民の他にも戦没者遺族、小笠原村立中学校生徒及び、一般村民も参加し、慰霊墓参と共に村内の一島であ る硫黄島の現状をつぶさに視察する機会となっている。
なお、訪島事業の実施にあたっては、海上自衛隊及び鹿島建設に絶大な協力・支援を頂いている。

遺骨収集

遺骨収集硫黄島は第二次世界大戦の激戦地であり、戦後処理問題として遺骨収集という重要な課題が残されている。硫黄島におけ る戦死者の数は、厚生労働省社会・援護局の調査によれば、20,129人である。その多くは、米軍の猛攻撃により戦死したものと考えられているが、火炎放 射、注水、射撃、手榴弾攻撃により地下壕の最奥部に追い込まれて死亡していることも多いと推測されていることも多いと推測されている。
遺骨の調査及び収集は、昭和27年から平成14年度末までに発見・収集された遺骨の数は8,383柱となっている。
地上における遺体は、米軍によって処理されたと考えられており、一般に目につかないジャングル内には若干の遺骨があるものと推測されている。地下壕は全 長18kmもあり、壕口も数千箇所あったといわれており、米軍の手により閉鎖された地下壕も多く、地下壕内部の遺骨の状況は不明な点が多い。
硫黄島旧島民は、戦没者遺族であると共に、生まれ育った硫黄島への望郷の念と墓参の要望が極めて強い。一方、戦没者遺族や生還者は、肉親や親友の戦死地 としての硫黄島に対する思いは、また格別なものがある。この「ふるさととしての硫黄島」と、「英霊の地としての硫黄島」は、両者にとって、共に忘れる事の 出来ない地となっている。
厚生労働省社会・援護局により実施されている硫黄島戦没者遺骨収集には、以前より旧島民も協力を行ってきたが、平成12年度から「小笠原村在住硫黄島旧 島民の会」及び「小笠原村」も厚生省派遣団員となり、平成15年度からは、遺骨収集業務の一部を村が受託し、関係機関と連携して遺骨収集を行っている。

緊急患者搬送

救急患者輸送小笠原村から本土の医療機関へ救急患者の搬送は、父島は飛行艇(US-1)で直接本土へ搬送するのが主であるが、母島の場合、飛行艇で搬送できないため、海上自衛隊の救難ヘリコプターにより、硫黄島経由で本土へ搬送さてている。
また、状況によっては、父島においても海上自衛隊の救難ヘリコプターにより、硫黄島経由で搬送される場合もある。
平成12・13年度において、硫黄島に常駐している海上自衛隊の救難ヘリコプターが新型機種に変更される事に合わせ、母島においては、夜間のヘリコプ ター離発着が安定して行えるよう新ヘリポートを整備、父島においては、急患搬送用夜間離着陸設備を整備し、夜間における硫黄島経由での救急患者の搬送が行 えるようになった。

硫黄島の基地

硫黄島の基地日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び、安全保障条約に基づき、返還後も引き続き米国沿岸警備隊が航空機・船 舶の位置確認のためのロラン局の維持管理のために駐在していたが、ロラン局の運用は海上保安庁に移管後に廃止され、ロランタワーは撤去されたが、現在でも 施設区域は「硫黄島通信所」として提供されている。また、西海岸沖及び南海岸沖には、揚陸進入海面として「硫黄島通信所水域」が設備・提供されている。
米軍は海上自衛隊の揚陸場や滑走路を共同使用しており、平成3年からは空母艦載機によるNLP(Night Landing Practice:夜間離着陸訓練)が暫定実施されている。
自衛隊の基地は、米軍が使用していた滑走路や隊舎等の諸施設を返還後に引継ぎ、海上自衛隊硫黄島航空基地分遣隊として新編され、海上自衛隊硫黄島航空基 地隊となり、現在に至っている。施設としては、硫黄島の約43%(9.5平方km)を海上自衛隊が管理している。地熱が高いため、各施設には種々の地熱対 策を講じている。
主滑走路は2,650m×60mあり主滑走路閉鎖時の緊急用滑走路として2,650m×30mの並行誘導路が整備されている。主要業務には、飛行場の航 空管制、気象観測業務、周辺海域の救難待機、災害派遣(小笠原村の救急患者搬送はこれに該当)などがある。【海上自衛隊パンフレットから】
航空自衛隊硫黄島基地隊は、昭和59年1月に新編され、硫黄島における飛行訓練の統制及び、後方支援を主要任務として業務を実施してる。【航空自衛隊パンフレットから】