5、消防団の活動状況と特徴

当村において、消防団はあらゆる防災救難活動の中心となっているとともに大きな役割を果たしている。当村は、本土から南に1,000km離れた離島であり、あらゆる面での対応が望まれている。水難事故への救難活動はもとより、火災における消火活動・山岳等への遭難者の捜索・台風に伴う警戒など地域住民の財産・生命を守るために従事している。また、年2回の定期訓練・出初式、平素からポンプ操法訓練、災害時に対する応急訓練を行っているとともに防災訓練などを通じて地域住民との連携を図り防災意識を高めるため消防教育活動を行っている。