世界遺産とは

地球上には、様々な生き物を育み、優れた景観を有した自然があり、また、人類が現在に至るまで 築いてきた文明や文化を物語る優れた建築物、遺跡などの文化財が残されています。世界遺産とは、このような貴重な自然や文化財を「人類共通の貴重な財産」 として、次の世代へ引き継いでいくことを目的に「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条例」(世界遺産条例)に基づきユネスコ(国連教育科学文化機 関)の世界遺産リストに登録されたものを言います。

2010年8月現在、文化遺産704件、自然遺産180件、複合遺産27件 計911件が登録されています。

世界遺産とは?