認定農業者、認定新規就農者について

令和元年7月30日に小笠原村農業経営改善計画認定審査会を開催し、認定農業者及び認定新規就農者を認定しました。
 この度、新たに認定農業者、認定新規就農者として認定された方をご紹介します。
 
【今回認定された認定農業者】
<父島> USK&Co.合同会社
<母島> 松本均
【今回認定された認定新規就農者】
<母島> 越立さち子

【これまでに認定されている認定農業者(五十音順)】
<父島> 野瀬もとみ、森本かおり
<母島> 稲垣和仁、折田一夫、小松広子、濱崎泰宏、早川保 、比企理史、 福田亮三、藤谷明憲

 
認定農業者制度は、村の農業基本構想で示している農業経営の目標に向けて、農業者が自らの創意工夫に基づき作成した「農業経営改善計画」を、村が認定し、その計画の実現に向けた農業者の取り組みを、関係機関・団体が連携して支援していく制度です。
 認定新規就農者制度は、新たに農業を始める方が作成した「青年等就農計画」を、村が認定し、その計画に沿って農業を営む新規就農者を関係機関・団体が連携して支援していく制度です。

 認定農業者になりたい、新たに農業を始めたいという方は、いつでも産業観光課にお問合せください。

・問合せ先 産業観光課 2―3114