【外国人】新たな在留管理制度について

外国人の皆様について、これまでの外国人登録制度が廃止となり、新たな在留管理制度が始まりました。

制度の概要

1.在留カード・特別永住者証明書

「外国人登録証明書」が「在留カード」、または「特別永住者証明書」に変わりました。
  ※すぐにカードを変更する必要はありません。
  永住者、永住者以外の方(短期滞在、3カ月未満の在留資格等を除く)については、入国管理局に申請が必要です。現在お持ちの外国人登録証明書は、みなし在留カードとして、しばらく使用できます。

 詳しくは、法務省のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

2.在留カード・特別永住者証明書

これまでは転出先の市区町村でのみ変更手続きを行っていましたが、前住所地で転出の手続きを行い、転出証明書を受取り、転入した日から14日以内に新しい住所地の市区町村で手続きを行ってください。

3. 外国人登録記載事項証明について

これまで発行してきた「外国人登録記載事項証明書」については廃止となり、日本人と同様の「住民票の写し」に変わりました。
 詳しくは、総務省のホームページ(外部リンク)をご覧ください。