個人の住民税(村・都民税)の「特別徴収」について

【事業主の皆様へ】

◇ マイナンバー制度施行に伴い、平成29年度分(平成28年中に支払った給与等)の給与支払報告書(総括表・個人別明細書)の様式が変わります。
 ~ 主な変更点 ~
 ・個人番号記入欄が増えます
 ・サイズが「A6」から「A5」に、大きくなります。
   所得税(国税)の「源泉徴収票」も変更されています
  システムなどから出力される報告書をご提出される場合にはご注意ください。 複写式の手書き用の用紙は、今までどおり村役場の窓口で取得してください。

 また、提出物が、今までの「給与支払報告書(総括表)」と「給与支払報告書(個人別明細書)」のほかに、「普通徴収の人」の給与支払報告書が含まれている場合には、「普通徴収切替理由書(兼仕切書)」の提出も必要となります。
この「普通徴収切替理由書(兼仕切書)」の提出と、個別の「給与支払報告書(個人別明細書)」の摘要欄の記載内容(符号)により「普通徴収(各個人で納期限毎に納付)」と判断し、これが無い人は「特別徴収(毎月の給与から天引きし、給与支払者がまとめて納付)」となります

 「普通徴収切替理由書(兼仕切書)」は、村役場窓口か、村のHP(「村税関連様式集」「給与支払者の報告・届出」)から取得できます。手書き用の「給与支払報告書」取得の際には、あわせてお持ちください。

 なお、eLTAX(エルタックス)を利用してご提出される場合には「普通徴収切替理由書(兼仕切書)」の提出は必要ありませんが、入力時に個別の「普通徴収欄」に必ずチェックを入れてください(チェックが無い場合、「特別徴収」の人と判断されます)

税制改正に伴う、平成30年度以降分の特別徴収税額通知書(特別徴収義務者用)の個人番号の非通知と、eLTAXを利用した特別徴収税額通知の電子データの扱いについて new025_15.gif

◇ 従業員(給与受給者)の住民税(村・都民税)は、事業主(給与支払者)が毎月支給する給与から差し引き、納入する「特別徴収」をすることが原則となっています。
 東京都と都内の全62区市町村では、特別徴収の周知活動に取り組んでいるところです。ご理解とご協力をお願いいたします。
個人住民税は、特別徴収で納めましょう!個人住民税は、特別徴収で納めましょう!(pdfチラシ)

 個人住民税の特別徴収推進ステーション(外部リンク)

【お問い合わせ先】
 税務係 04998-2-3112(直通)、3111(代表)