平成29年度離島人材育成基金助成事業の募集

公益財団法人日本離島センターでは、離島住民の自発的な島づくり活動をバックアップするため、「離島人材育成基金」を創設し、毎年度標記助成事業を実施しています。
1 応募対象
離島に在住している人、もしくは離島で活動しているグループ・団体等
2 助成対象事業
自ら新たに取り組む、以下の事業
(1)離島人材育成基金助成事業
①離島の産業振興に係る事業
②離島の生活・文化・福祉の向上に係る事業
③他地域との交流推進に係る事業
④その他人材育成に必要な事業
(2)離島人材育成基金助成事業(知的支援型事業)
①(島学・島塾型)島の人達が中心となり、自分の島のもつ可能性の発掘、協力し合っての実態調査、島づくりの活かし方等の議論を行う事業。
②(島づくり交流型)近隣地域も含め、島づくり・地域づくりに関連する経験や創意工夫の交流を行い、新しい可能性を探る事業。
(3)離島人材育成基金助成事業(視察研修型事業)
島づくり先進事例の収集や学習のための視察(研究会等への参加も含む)を目的とします。
3 助成金額
助成金は、助成率と助成限度額が決められています。
(1)離島人材育成基金助成事業
○助成対象経費75万円未満
助成率:対象経費の5分の4以内
助成限度額:1事業につき50万円
○助成対象経費75万円以上
助成率:対象経費の3分の2以内
助成限度額:1事業につき100万円
(2)離島人材育成基金助成事業(知的支援型事業)
助成率:対象経費の5分の4以内
助成限度額:1事業につき30万円
(3)離島人材育成基金助成事業(視察研修型事業)
助成率:対象経費の5分の4以内
助成限度額:1事業につき30万円
4 応募期間
平成29年2月1日(水)まで。ただし、知的支援型事業は年2回募集を行っています。
5 審査及び助成事業決定
応募いただいた事業は、(公財)日本離島センターの運営委員会により審査され、審査結果は小笠原村役場とともに、申請者に直接、通知します。
6 事業実施期間
平成29年4月1日(土)から平成30年2月28日(水)までとします。
7 応募方法
助成事業申請書ならびに助成事業計画書等の必要書類を作成のうえ、小笠原村役場総務課企画政策室へ提出してください。
詳しくは、総務課企画政策室及び母島支所にある募集要項や、(公財)日本離島センターのホームページをご確認ください。