南鳥島

概要 歴史    

位置・地勢・気候

小笠原諸島地図

日本最東端の碑南鳥島は、我が国最東端の島(北緯24度18分、東経153度58分)であり、父島から東南東に約1,300km、硫黄島から東に約1,100kmの位置にあり、面積1.51km2、周囲約7.6kmのほぼ正三角形、標高は最高9m。サンゴが隆起して形成された「隆起珊瑚礁」の島である。島の周囲はサンゴ礁で浅くなっているが、サンゴ礁の外側はすぐに深さ約1,000 mの断崖となる。
気候は、ケッペンの気候区分によるサバンナ気候に属する。
2002~2012年の10年間の年間平均気温は、25.7℃と温暖ではあるが、年間の降水量は1,035.7mmと日本国内でも少ない。





南鳥島気象庁観測データ(気象庁HP)

現況

南鳥島 全景現在、海上自衛隊及び気象庁の施設が設けられ、職員23名(平成22年4月現在)が在住し、業務に従事している。設備の改修を行う作業員を除き、一般の人が訪れることはない。
選挙事務については、綾瀬市からの要請により小笠原村職員が訪島し、選挙事務(期日前投票)を行っている。
海上自衛隊隊舎
海上自衛隊隊舎
気象庁庁舎
気象庁庁舎