医療課

村の医療の概要

小笠原村診療所・母島診療所は、島民・来島者の慢性・急性疾患の診療を行う場所であるとともに、関係各機関と連携し島の保健医療の向上に寄与すべき 機関であります。患者様のご要望に応えるべく常に自己研磨等に努力し、患者様中心のサービスを心がけ、質の髙い医療を目指すことを理念としております。

具体的業務内容として以下のことを行います。

慢性疾患の診療と村民の健康管理、維持の一助となること。急性期疾患の診療を行うこと。専門診療の場を提供し、専門医と連携し、日常の診療に反映させる。初期診療の後に、必要に応じ内地の専門医療機関への紹介を行い、それら内地専門医療機関と連携し継続医療を行う。関係機関と連携し、乳幼児健診、学校健診、予防接種を行う。日常診療から発生する問題点を整理し、村の保健医療計画等の作成に参加し、これに沿う医療を提供する。来島者へ村の医療情報を発信し、来島中の疾病、事故の発生を予防する。