歴史

小笠原諸島は1593(文禄2)年、信州深志城主の曾孫、小笠原貞頼により発見されたと伝えら れています。人が最初に定住したのは江戸時代後期の1830(文政13)年、欧米人と太平洋諸島民でした。その後、江戸幕府や明治政府の調査、開拓により 1876(明治9)年には国際的に日本領土として認められます。

大正から昭和初期には、亜熱帯気候を活かした果樹や冬野菜の栽培が盛んになり、漁業ではカツオ、マグロ漁に加え、捕鯨やサンゴ漁などを中心に栄え、人口も七千人余を数えるなど小笠原の最盛期を迎えました。 豊かで平和な島「小笠原」は、太平洋戦争により大きな転機を迎えることになります。昭和19年、戦局の悪化により、軍属等として残された825人を除く全島民6,886人が内地へ強制疎開させられました。

敗戦により、小笠原は米軍の占領下に置かれることになります。昭和21年、欧米系の島民に限り帰島を許されましたが、他の大多数の島民は故郷への帰島は許されず、慣れない土地での苦しい生活を強いられることになります。

昭和43年6月、小笠原諸島は日本に返還され、島民の帰島がようやくかなうことになりました。戦後23年間にも及んだ空白を埋めるために、国の特別措置法のもと様々な公共事業が推進され、新しい村づくりが進められています。

太平洋戦争の激戦地となった硫黄島では壮絶な戦いの末、日本軍が玉砕し、日米両軍合わせて二万余名もの尊い命が失われました。返還後も火山活動などによる自然条件が厳しいことから硫黄島への帰島は実現せず、現在は自衛隊基地及びその関係者だけが在島しています。

父島
幕府が1861(文久元)年に、咸臨丸を小笠原島に派遣したころの父島(小笠原嶋図絵より)
  ワンポイントレクチャー
マシュー・ペリー黒船の来航
小笠原で最初に洋式捕鯨を指導したのはジョン万次郎でした。1863(文久3)年のことです。現在ではクジラを“食べる”資源から“見る”資源へと180度方向展開し、世界最大の哺乳動物の保護に努めています。