小笠原陸域ガイド登録制度:エコツーリズム

概要

この制度は、小笠原エコツーリズム協議会が掲げるエコツーリズムの主旨に則り、小笠原の固有の自然や文化を保全して、適正で持続的な利用を図り、利用者 や地域社会に信頼されるガイドとしての活動を通じて地域振興に貢献することで、ガイドの社会的な地位を確立することを目的としています。

小笠原陸域ガイドの対象となる方は、「主に陸域の野外において有料で、小笠原を案内したり解説したりする方」です。
陸域ガイドとして登録されるためには、下記の要件を満たしている必要があります。

登録要件

(1) 小笠原村に1年以上居住していること。
(2) 小笠原においてガイドまたはガイド業に役立つ業務に1年以上の実務実績があること。
(3) プロフィールなどの情報公開に応じること。
(4) 小笠原陸域ガイド講習を受講していること。
(5) 傷害保険及び活動中の過失責任による賠償責任保険に加入していること。
(6) 救命・救急法等について最新の情報に基づく技量を有していること
(7) 各種法令とともにガイドの際にかかわる自主ルールについても遵守すること。

※詳細については 小笠原陸域ガイド登録制度実施要綱(2013年改正)小笠原陸域ガイド登録制度実施要綱(2013年改正) を参照