交通と通信

定期航路

おがさわら丸昭和47年4月から東京-父島間に週1便、小笠原海運(株)による定期船椿丸(1,040t) が就航して以来、昭和48年4月には父島丸(2,616t)が、昭和54年4月には、おがさわら丸(3,553t、定員1,041人)が就航してきまし た。そして平成9年3月には高速化、快適化、大型化を実現した新造船おがさわら丸(6,679t、定員1,031人)が就航し、所要時間が従来より約3時 間短縮され25時間 30分となりました。おおむね6日に1便就航しています。

父島-母島間は、昭和51年5月から週3便、伊豆諸島開発(株)による定期船(218t)が就航しました。昭和54年4月には、ははじま丸は302tと なり、所要時間は3時間30分から2時間20分に大幅に短縮されました。平成3年6月から新造船ははじま丸(490t、定員143人)が就航し、所要時間 は2時間となり、おおむね週5便の運航となっています。

港湾

父島港父島、母島に各1港及び漁港各1港があります。父島二見港は湾口2km、奥行4km、中央部の水深は40mもある天然の良港で、現在10,000t級岸 壁(200m)及び船客待合所、物揚場等が整備されています。母島沖港は500t級(145m)の船舶が接岸可能な岸壁、船客待合所、物揚場、漁船用の船 揚場及び外防波堤が整備されています。  二見漁港は第4種漁港として整備が続けられています。また、母島漁港は、平成元年度より整備に着手しています。

道路

父島の道路は、西町・東町・奥村の集落内及び奥村から洲崎・小港へは一部を除き、32.7kmが整備済です。そのうち、長谷付近の都道については改修工事 を進めています。なお、既存の道路については、利用者の利便性や安全性の向上のために歩道設置を進めています。母島の道路は、元地集落内は一部等を除き、 16.9kmの整備が終わっています。

通信

本土との電話回線は、昭和58年6月21日から小笠原~本土間のダイヤル即時通話が出来るようになりました。また、平成11年4月21日からは、NTT ドコモにより携帯電話のサービスが開始となり、平成24年7月現在、父島母島ともNTTドコモ、SoftBank、auが利用できるようになりました。

テレビ放送

テレビ塔昭和59年から実用放送衛星によるNHK衛星放送の視聴が、平成8年4月1日からは、通信衛星を利用してNHK、民放あわせて8局の地上波放送の視聴が可 能になった。平成23年3月に八丈町~小笠原村間に海底光ケーブルが敷設され、平成23年7月より、地上デジタル放送の視聴が可能となり、小笠原村が放送 事業者となり、小笠原村ケーブルテレビの運用を開始しました。

郵便

小笠原郵便局における通常郵便取扱状況は、1便平均で到着件数約8,000件、差出件数約2,500件です。なお、父島では昭和49年2月から集落内の郵便集配業務を開始し、また、母島に同年8月から簡易郵便局を開設しました。